FC2ブログ

Entries

ドル円の底値探しの旅はまだ続く?

雇用統計は乱高下で、逝って来い相場で終わりました。

しかし短時間ですが、ついにドル円101.67を割り込みました。

ただ雇用統計前のレポートなどによると、101.70円から101円までOPトリガーが小刻みに並んでいるということで、必死の買い支えの攻防があったようです。

それにしても米国の今年になってからの指標が、ほとんど予想より悪いということが気になる。
市場はすでに米国景気後退を織り込み済みではないのでしょうか?

ドルの下落はどこで止まるのか?
皆さんの関心も、そこにあると思います。

シカゴIMMなどを見ても、円ロングポジもかなり溜まって来ているので、ここからのショートも参戦しにくいと思います。

そろそろ当面の底があってもおかしくないと思いますが…。

けれど下げ止まりがあったとしても、ドル円110円台に戻すのは相当の時間がかかりそうです。
なんせショートカバーでしか上がれない雰囲気が非常に漂っていますもんね。

やはりドル円相場の参考はドルスイでみるのが正しいのでしょう。
ドルスイパリティ説が現実味を帯びてきた今となっては、ドル円も100円割れは想定しなければならないでしょう。

101円までのオプショントリガー銀座が崩れた場合、自然落下的に大きく落ちる可能性が高い。

となるとリスク回避が進み、ランド円などのエマージング通貨はどれくらい下落するんだろうか?

個人投資家のランド円の投げ売りが、最近の相場では続いています。
いわゆるスワップ派、アホールド派の皆殺し相場というやつが執拗に続いています。
ドルランドは心理的節目の8.000もあっさり上抜けしたし、恐ろしい通貨ですねぇ…。

ランド円はスワップ目的での買い下がりはもう出来ない通貨になったようです。
はぁー、ちょと前は15円台ポジは御宝ポジだったのになぁ…( ̄^ ̄)
某掲示板では下記のような書き込みも出てきました。
なんか2年前のキウイみたい…。


退場したい人にお薦めの危険な通貨南アフリカランド
・高金利通貨だから安全だろうと思ったら、売り手が全員仕手筋だった
・「今が買い時です」といっていた証券会社の担当者が3日後に音信不通になった
・給料日から次の給料日までの1か月に10回強制LCされた。
・停電で情報を混乱させる、というか麻痺させてからストップロスを強奪する
・ストップを入れなかった初心者が襲撃され、目が覚めたらポジが無くなっていた
・雇用統計から1分後にPC前でロンガーが口から胃液を流して倒れていた
・気が付いたらロンガーは個人だけだった。
・最近流行っている手口が「ワールドカップ」なんとなく上がりそうだから。
・ホルダーの99%がスワップ狙い。しかも低レバロング最強という都市伝説から「低レバほど危ない」
・ZARランドでロンガーが退場する確率は150%。一度退場してからまた退場する確率が50%の意味
・南アフリカランドによる退場者は1日平均120人、うち約20人がFX主婦。


う~ん、どの通貨ペアがいいのか? まったくわかんない…( ̄ー ̄?)

とにかく生き残ること…。これが絶対条件でしょう。

大底は必ずあります。
なぜなら「強気の市場は常に絶望の中から生まれる」のだから…。

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://satie6957.blog54.fc2.com/tb.php/159-9bcf606f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

shincho30701

Author:shincho30701
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

にほんブログ村 為替ブログへ

ブログ内検索