FC2ブログ

Entries

師走相場のクライマックスは…。

師走相場は雇用統計をこなし、今夜の真夜中のFOMCへと突入します。

今年最後の大一番になるのでしょうか?

師走相場のクライマックスは、日本では真夜中が頭上を通りすぎる時間(とき)です…。

うーん…、キツイなぁ…。早めに寝て、夜中に起きるか?
度胸を決めて、IFDO注文で、運を天に任せて、就寝トレードを決め込むか?
ポジ縮小して安眠するか?
いろんな選択技がありますが、いったいどうしたもんでしょうかねぇ…?ε=( ̄。 ̄;)フゥ…。

利下げは確実視されてますが、それが25bpか50bpなのかの見解が分かれていますが、場合によっては、波乱の相場になるかもしれません。

ただ、ここに来て雇用統計の結果から、25bp利下げになる確率がかなり高まっています。
となると、材料出尽くしで、失望売りでNYダウが下げて、為替は円売りポジが手仕舞いとなり、円が対ドルで買われる?
そう簡単ではないでしょうね、おそらく…。
相場は一筋縄では行かないのが常ですから( ̄ー ̄?)。

どうも、最近のドル円は上に行きたがっている様子がみえる。
これは何を意味するんでしょうか?

なんか去年の師走相場を思い起こさせますねぇ…。

ドル円の当面の底は107円台だったのでしょうか?( ̄-  ̄ ) ウーン…。
となるとユロドルは?

もうユロドルは1.5を抜けるだけのパワーはないのではないか?
しかし為替レポートでは先週の1.4530が当面の底値になるのではないか? と多くのディーラーやアナリストが予想しています。

つまり上に行けばスリッパ叩き隊が待ち、下には押し目が待つ…という状態なのでしょうが、はたして今夜のFOMCで均衡が崩れるキッカケになるんだろうか?
おいらはユロドルやユロ円は相性が悪いので、ユロポン(この通貨ペアがもっとも先が読みにくいと云われますが…)やユロカナがメインですが、基軸通貨を争う通貨ペアのユロドルが全ての通貨ペアの今後の動向を左右します。

クレジットクランチで揺れる米国経済の減速は、近い将来の飛翔の為の羽休めなのか?
それとも将来に渡って続く、ドル崩壊の序章なのか?

バーナンキ議長の舵取りに、今夜の為替相場市場はどういった反応を示すか見どころです( ̄ー ̄;)フフッ…。

それが正しいのか間違っているのかはわかりません。
全ては市場が決めるのでしょう…。


なぜなら相場は常に正しいのだから…。

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://satie6957.blog54.fc2.com/tb.php/143-1b3a1408

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

shincho30701

Author:shincho30701
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

にほんブログ村 為替ブログへ

ブログ内検索