FC2ブログ

Entries

ブログ開設しました。

ブログ開設しました。初めてのブログなので、レイアウトや更新の仕方など、わからないことだらけですので、しばらくは試行錯誤的な書き込みになると思います。プロフィールなども少しずつ公開して行きたいと思います。テーマはFX(外国為替証拠金取引)におけるリスクヘッジの考察ですが、最初にリスクについて。リスクという語源はラテン語で「絶壁の間を敢えて船で通り抜ける」という意味だそうです。「自ら覚悟して冒す危険」「自ら主体的に立ち向かうもの」というニュアンスで、かなり積極的な用語なんですね。人は常にリスクに晒されています。外出すれば、交通事故にあうかも、タバコを吸えば肺がんに、酒を飲めば、肝硬変になるかも知れません。しかし人は昔から生活を豊かにするために、あえてリスクをとって来ました。リスクをとることによって、それなりのリターンを得てきたのです。つまり「あるリターンを得るため、あるリスクを負う」と考えなければなりません。ここでのテーマは投機リスクです。「起こりえる結果に損失と利益の両面がある場合」のリスクです。しかし、人は少しでも危険から逃げようとします。楽をして利益を得たい。みんな、そう考えていますが、現実には有り得ない。ハイリスクでは成功すれば、ハイリターンなんですよ。「クライシスポイント」が近づいているとき、頭の中で、ハザードランプが点滅するか?「危険予知」できる自信があるか? 損失を出したとき、どう対応するか、いかに損失の回避をするか? 誰もが考えているテーマです。おいらはこれから考えていきたいと思います。これは、他人から教えられてもダメです。痛みがわからないからです。他人の損失の痛みは自分ではわからない。また、人によって、年齢によっても、金額の重さは違います。ビンタの痛みはやられて初めて自分の痛みとなって、将来の記憶のなかで蘇るのです。 本題に入ります。ハザードランプは、危険を他の車などに伝えるために点滅させるものですが、ここではおいらの頭の中で点滅できるよう鍛錬していくため、このブログを立ち上げました。もちろん、FXは金融先物取引の一種ですから、未来のことを予言できる人間はいないわけですから、そんなことは無理に決まっています。しかし、失敗を繰り返しながら、危険予知ができるようになる。いや、そう思いたい。文章にする事で反省し、次の一手を考える。つまり、このブログはおいらのFXの戒めとして、おいらなりのFXハザードマップを作り、活用していくと言うことです。FXで大事なことは自己管理です。しかし、これができない。まぁ、できている人もいるでしょうけど、多数の人ができないのですよ。ディスプレイのチャートを見ながら、「これは投機筋の罠だ!」眼の前にハザードが点滅していても、マウスを掴んだ手が勝手にクリックしてしまう。あぁ~、約定した。
そして、数時間後、肩をおとしている自分がいる。おいらと同じポジポジ病にかかっている人は、かなり多いと思うけど。
「相場師」この言葉の響きに昔からあこがれがありました。どうしたら相場師になれるか? 相場師になるには、どんな勉強をしたらいいのか? そんなことを考えた時期がありました。ギャンブルではない!というのが条件です。 もともと、ギャンブル好きですが、合法的なギャンブルの代表的な中央競馬など馬券を買った時点でJRAから25%搾取されるし、オッズの端数は切り捨てで取られるし、土日の全レースやれば、必ずマイナスになります。遊びでやるのはいいけど、大金を賭けてはいけませんね。FXでは少なくともヘッジファンドと同じ土俵に立てるのは魅力ですよね。もちろん、業者の手数料やスプレッドなどで個人投資家は多少は不利ですけど。また、FXは一個人が相場を動かせないほどの巨大市場なのも、株と違い公平性があると思うのはおいらだけではないと思います。
最後に…。世界の金融ディリバティブ市場の歴史は浅いのに、異常なスピードで成長しました。大量の金額が迅速に移動するこのシステムはインターネットで世界が一瞬で結ばれた結果ですが、そのことは危険も桁違いに大きいということです。また、世界金融危機がいつあってもおかしくない。「相場師」は将来起こりえる最悪の結果を想定して、ポジションを取らなければならないと思います。 本日、ニューヨーク時間、FOMCでドルの政策金利が発表されます。利上げ? 据え置き? ドル円、クロス円、欧州通貨はどう動く? スクウェアでいることもひとつの戦略だと思います。 投資はときに人を破滅へと導く…。みなさん、良いFOMCを迎えてください。明け方起きるのは、つらいから早めに寝ておくことにしましょう。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://satie6957.blog54.fc2.com/tb.php/1-831e6c92

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

shincho30701

Author:shincho30701
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

にほんブログ村 為替ブログへ

ブログ内検索